タグ:ツラーテック ( 15 ) タグの人気記事

ツラーテック ステンレス・フェアリングクラッシュバー(その1)

c0316460_22393633.jpg
まずは下準備。サイドカバーを上下、左右とも外します。
さらにラジエターの下側ネジを外し、上側ネジを緩めて、作業の手が入りやすいようにします。
ウィンカーは上側のサイドカバーを外すと一緒についてきます。コネクターは抜きます。

c0316460_22393179.jpg
初めに前方のステーを取り付けろと説明書にありますが、いったいどこに取り付けたらよいのか、
イラストがすごく分かりにくいし、これを先に固定しても絶対に位置決めができません。
すぐにサイドカバーも取り付けろと書いてありますが、それも作業性を完全に無視した説明。


c0316460_22393325.jpg
バー本体はエンジンをフレームに固定しているボルトを二本抜いて、それで締め付けるのですが、
このボルトを外すのが非常に面倒くさい。手持ちの工具では外すことができず、
ホームセンターに三度も走りました。時間がどんどん過ぎていくよ…。

ちなみに右側前方のボルトの内側のネジは、14mmです。ディープソケットレンチがないと無理。
左側も同じく14mmのナットですが、こちらはメガネレンチでの作業が良いでしょう。

c0316460_22392883.jpg
締めるときはバーがじゃまをして、外側の8mmのヘキサゴンネジをソケット式レンチでは
締められなくなるので、六角棒レンチを使います。
締め付けトルクが大して出せませんが、もともとそんなにきつく締められていないので大丈夫。
純正の内側のナットは緩み防止ナットのためにすごく固く、ネジ山を嘗めてしまいそうなので、
普通のナットに変更してワッシャーも使用しました。

前方ステーの取り付けも面倒だけど、バー本体との固定も位置がずれているので力技です。
ネジを締めることによって無理やり位置が合っていく感じ。


c0316460_22392452.jpg
そうして今度は左側。
ところがバー本体の二つのネジ穴の位置が大きく狂っている!
力技でもここまで狂っているとどうしようもなく、ツラーテックジャパンに電話しました。
上の写真もメールで送り、可能な限り早急に新しいバーを送ってくれるように頼みましたが、
日本には在庫がなく、本国ドイツでも欠品状態とか。
まったく、一流メーカーだと思ってるんだから、しっかりしてよって感じ。
実はけっこう仕上げが雑で、小傷もたくさんついています。
ドイツ人はイメージよりも大雑把で、日本人の几帳面さには全く及びません。
これはヨーロッパの旅でも感じたこと。


結局、この状態でバイクを放っておくわけにもいかないので、右側だけを取り付けた状態で、
外したパーツを戻していきます。でもついでにラジエターカバーをアルミ製に替えます。

そうしているうちに日が暮れていき、最後は懐中電灯での作業。
THRUNITEの明るいライトがあって本当に良かった。


c0316460_10493588.jpg
c0316460_10493302.jpg









[PR]
by tiger800xc | 2014-03-23 23:16 | 社外パーツ

ツラーテック マニフォールドガード

c0316460_20152007.jpg
TOURATECH マニフォールドガード

エキゾーストパイプを跳ね石や障害物のヒットから保護するパーツです。
これだけで7875円もするけど、エキパイを凹ませて後悔するよりはマシなので買いました。
これをつけてて凹んだらもう仕方がないとあきらめられます。

c0316460_20143798.jpg
まずは先回部分的に磨いて銀色に変色した部分と、泥跳ねで茶色く斑になっているエキパイを磨きます。
使うのは先回紹介したステンマジック。


c0316460_20144108.jpg
すっかり銀色のエキパイに。笑
いい色に焼けてくれるといいのですが…。
磨くのにじゃまになるノーマルアンダーガードとキャタライザーカバーは外してあります。

全体を磨いて、シリコンオフをスプレーして脱脂。
マニフォールドガードのほうにもドイツ人の指紋が付いているので、シリコンオフ。


c0316460_21325525.jpg
マニフォールドガードはエキパイの形状に合わせて自分で曲げます。
手脂をつけるとその部分が焼けむらで変色するので、軍手をして作業します。
しかし金属バンドの取り付けがかなり面倒。
結局軍手を外して作業し(すると断然簡単に作業できる)、もう一度最後にシリコンオフをスプレー。

ついでにノーマルアンダーガードをアルミサンプガードに交換しました。
シルバーのエキパイもかっこよく見えますね。









[PR]
by tiger800xc | 2014-03-23 21:42 | 社外パーツ

ツラーテック リアー・ブレーキリザーバーガード

c0316460_22290203.jpg
TOURATECH リアー・ブレーキリザーバーガード

これはネジ一本で留めるだけの簡単な作業で取り付けられます。
ネジを外すときに、やけに固いなと思ったら、ネジ止め剤がたっぷりと塗ってありました。
他の場所(金属同士のところ)のネジは驚くほど緩いトルクで締めてあります。
ここは締めすぎるとプラスチックが破損してしまうので、またネジ止め剤を使って緩めに締めます。
どれくらいガード能力があるか分かりませんし、付けなかった場合でも位置的になかなかダメージを
受けづらい場所にありますが、このパーツを付けたことでの安心感は大事かと。3990円。


c0316460_22285895.jpg








[PR]
by tiger800xc | 2014-03-21 22:39 | 社外パーツ

ツラーテック サイドスタンドエクステンション

c0316460_21474786.jpg
TOURATECH サイドスタンドエクステンション

タイガー800XCのサイドスタンドの底面積は、車重の割には小ぶりに思えます。
野宿キャンプをしたりオフロードを走ったりするには、地面へのめり込みが予想される、
というか必ずあるので、この製品を取り付けることにしました。
今まではテントのペグを二本使って(バッグのすぐに取り出せる場所に入れてある)
いましたが、やはり面倒だし不便です。

c0316460_21473672.jpg
実は納車される前から買っていました。
4830円はけっこう高いと感じましたが、なんせBMW乗りたちからは
絶大な信頼を得ているドイツのメーカーですからね。

しかし届いた実物を見ると、意外と仕上げが雑な部分も。
隠れてしまうところは仕上げが全然綺麗じゃない。
このあたりは徹底した現実主義なのかもしれません。


c0316460_21474021.jpg
「ネジ穴の位置が合っておらず、取り付けられない」というレビューをネットで見たので、
一応その可能性はあると思っていましたが、やはり微妙に位置がずれていました。
製造過程で底板には手作業で一つずつナットを溶接しているようですから、
ほんのちょっとしたずれが生じるのでしょうが、それが問題になっています。
さらに押さえの爪の曲げも、そんなに厳密には精度を出していないと思われます。

そのままではまともに取り付けられなかったので、押さえの開放端側の穴を二箇所、
6mmのドリルで広げてから再度取り付けしました。
それでも多少無理をしなければネジが最後まで締まらないので、もう一度取り外して
全ての穴を広げようとしましたが、もうネジ山がナメてしまう恐れを感じたので、
無理やり締め込んで作業を終了しました。
ちょっとネジが小さすぎるように思えます。精度がきちんとしていれば問題はないのですが。


c0316460_21474329.jpg
見た目はそこそこカッコいいですね。確かに底面積が増えて、めり込みの心配が減ります。
深くバンクさせると擦ってしまうと言っている人もいますが、あんたいったいどれだけ
バンクさせるんだという感じです。









[PR]
by tiger800xc | 2014-03-21 22:20 | 社外パーツ

2014年初乗り

c0316460_17233904.jpg

画像:TOURATECHサイトより


バイクを買ったはいいがすぐには乗れない状況というのは、
僕の場合なぜか毎回味わうものになっています。

最初のKDX200SRは、バイクの所有も乗ることも禁止されていた防大時代に
こっそり学校を抜け出しては自動車学校に通い、免許を取り、(見つかれば厳罰!)
車両は実家に置いていたので、長期の休みがあるときにしか乗ることができませんでした。

次のKLX650は個人売買で買ったもので、車検切れでナンバーがついていませんでした。
しかも僕はまだ大型二輪免許を持っておらず、免許を取得する必要もありました。

そして今回のタイガー800XC。
これは家の周りの凍結路面に遮られて、乗ることができません。

しかし今日、わずか幅50センチくらいだけ凍結箇所が溶けて、
乾いた道路へと続いているのを発見!
早速2014年の初乗りをすることにしましたよ。

少し走って国道まで出れば安心、と思っていたけど、国道ですら
山の日陰で日が当たらないところは濡れた感じになっていました。
この時期、濡れた部分は凍っている可能性があるので、
慎重に走らなければなりません。

それでも県境を越えて山梨県に入ればもう安心。
標高が下がり、路面はすっかり乾いています。
寒さも大したことなく、風の当たらない日向では暖かささえ感じられました。

「道の駅はくしゅう」に寄ると、独特の排気音が。
見るとタイガー800XCではありませんか。
STDはたまに見かけるけど、XCは公道上で初めて見ました。
で、そのタイガーXCが、いろいろと社外パーツをつけているのですね。
僕がツラーテックに注文しているパーツもいくつかつけられているので、
持ち主に話しかけてみました。

どうやら個人売買ですでにパーツがついている状態のものを買ったということで、
取り付け方などは聞くことができなかったのですが、実物を見ることができたのは
(もう注文したあとだけど)参考になりました。
説明書のイラストだけではよく分からない部分もあったので…。

そしてなんとそのライダーさん、こんな始めて間もないこのブログを
読んでいただいていた方で、SASURAIらいふのほうも見てくれたとか。
読者に会えるのはうれしいことですね。

それにしても、なんだかこのバイクに関連して、やたらと引き寄せの法則が
働いているようです。心霊現象とかオカルトとか宗教とかって信じないけど、
これは信じてもいいかなあ。


今日感じたのはやはりハンドルの遠さ。
以前記事にしたROX ピボッティング・ハンドルライザーは注文しました。
ハンドル幅も広く感じるけど、意外とKLX650と5mmほどしか変わらないのを
(グリップの左右親指側末端の距離)測ってみて知りました。
前傾姿勢が解消されたら広さも感じなくなるんでしょうか?
それともたとえ5mmでも違和感は感じるのかな?
グリップも少し太いです。これは冬の厚手のグローブでなければよいかも?

本日の走行距離は約90kmで、燃費は20.0km/L。
一応、数度だけ5000回転まで回してみました。
まだエンジンはがさがさしたフィーリング。
慣らしが終われば燃費はもっと上がるはずだけど、
今みたいにおとなしくは乗らないからどれくらいになることやら。
一度だけ、極低速でリアブレーキをかけたときに鳴きました。
サスペンションも動きが硬い感じ。
65km/hあたりで後輪のあたりからたまに奇妙な共鳴音?







[PR]
by tiger800xc | 2014-01-02 18:38 | 雑記


TIGER800XCで旅します。


by 井上勝夫

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ


あなたのいる彼方へ (SASURAI文学)

外部リンク

最新の記事

Ultimate Wande..
at 2015-12-22 16:15
最速南下 GO WEST 第十話
at 2015-11-25 15:28
九州上陸 GO WEST 第九話
at 2015-11-10 13:13
ThruNite TN12 ..
at 2015-11-06 13:34
メイキングビデオ
at 2015-10-20 23:15

カテゴリ

全体
野宿旅
車体
メンテナンス
純正パーツ
社外パーツ
タイヤ
ツーリング用品
旅道具
撮影機材
小説
動画
GO WEST
PARADISE AMAMI
お知らせ
フォトギャラリー
雑記
納車まで
旅人物語

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

お気に入りブログ

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
アウトドア

画像一覧