タグ:ハンドル関連 ( 3 ) タグの人気記事

U-KANAYA アルミビレットレバー

c0316460_23111340.jpg
U-KANAYA アルミビレットレバーセット ノーマルタイプ

納車される前に、さらには契約すらする前に買った製品。
オフロードを走るとレバーは消耗品なので、必ず予備が必要です。
さすが日本製! そのままオブジェとして飾ってもいいような美しい仕上げです。

トライアンフ純正のタイガー800XC用のCNC削り出しレバーキットは32550円もするので、
必ずいつか折れるもののためにそんなに出すのはありえない! ということで眼中になし。
しかしノーマルのレバーでさえ、左右で15750円。これも信じられない値段です。

そもそも今まで乗っていたKLX650のレバーなんて、左右どちらも一本1200円ですからね。
なんでレバーごときに大金払わねばならんのじゃ! と怒っています。

そんなときに見つけたのがこのU-KANAYAのレバー。
11340円だけど、純正の値段に驚愕した後では安く感じます。


c0316460_23111814.jpg
予備ではなく、取り付けることにしました。
形状がずいぶん違いますね。ノーマルに比べて引きが軽くなるそうです。
渋滞にハマると手が攣りそうになってくるほど重いクラッチなので、
少しでも軽くなるのは大変うれしいことです。

ところが付け替えてみると、かえって重い…。
ちゃんとグリスも古いのは拭き取って、新しく塗布したのに、どういうこと?
でも数回握っているうちに、軽くなりました。
うん、ずいぶん軽い感じです。
それが気のせいかどうかが分かるには、また渋滞にハマってみないといけませんが。
(後日の運転で確かに軽さを実感!)


c0316460_23114771.jpg
レバーの外見が変わるだけで、ハンドル周り、そして車体の高級感までがぐっと上がりました。
このレバーのカラーはチタン。アジャスターはレッド。
いろいろなカラーバリエーションがあります。
距離は6段階調整です。


c0316460_23112229.jpg
当然ブレーキ側も交換。
ところが、ノーマルに比べて若干基部の厚みがあるのか、戻りが悪い…。
ひょっとしたらリターンスプリングを落としてしまったかと思い、ネットのパーツリストを
眺めたり、トライアンフ浜松に電話して(自分のディーラーが定休日だった)確認しましたが、
KLX650と違ってそういうものはなく、マスターシリンダーのピストンによってのみ戻る仕組み。
リターンスプリングはあったほうがいいんじゃないの?

グリスの量を減らして抵抗を減らし、ネジも緩く締めるだけにしたらきちんと戻るようになりました。
下のナットが脱落してしまわないか心配なくらいしか締められていませんが…。
しばらく使うともっとカチリと作動するとは思います。

ちなみに自分の好みの位置は、クラッチ側のアジャスターは1(近)なのに、ブレーキ側は6(遠)。
一度決めたらもういじらないだろうけど、これがそろっていればもっと気持ちいいのになあ。
もう一セット買って予備にするつもりですが、パーツごとのバラ売りもしているのでさらに便利です。


純正ノーマルレバーのセット、どなたか8000円(送料別)で買いませんか?
0~677キロ使用しただけの、ほぼ新品です。








[PR]
by tiger800xc | 2014-03-21 23:54 | 社外パーツ

ROXピボッティングハンドルライザー 装着

c0316460_16523252.jpg
以前、気になるパーツとして紹介していたハンドルライザー。
ROXピボッティングハンドルライザー

購入して装着してみることにしました。

c0316460_16521583.jpg
パッケージはこんな簡易な感じ。裏面に取り付け説明が書かれています。


c0316460_16521713.jpg
これはノーマルの状態。
やはりハンドルが遠く感じます。
よくあるのが単純に2cm高くする下駄式のライザーだけど、
それでは「遠い」という問題の根本的な解決にはならないと思うのですが…?

c0316460_16522022.jpg
クランプのボルトを緩めていくと、ハンドルが回って
XCの刻印が良く見えてきました。
こういうちょっとしたデザインとか、凝ってますね。


c0316460_16522289.jpg
純正のノーマルライザーを外すとこうなっています。
太いほうのネジ一本とピンで固定するのですね。
ノーマルライザーは180度回して、2センチハンドルを遠くすることも可能です。
トライアンフの取扱説明書には10mmと8mmのネジとしてありますが、
ヘキサゴンレンチのサイズはそれぞれ8mmと6mmです。


c0316460_16522522.jpg
まずは仮止め。
ROXの取り付け説明には手前(リア)側のネジをやや固くなるまで締め、
位置決めをして反対(フロント)側のネジを強く締めこむと書いてありますが、
リア側は緩めにしておかないと、フロント側の隙間が広く開いてしまいます。

でもまだここでは強く締めません。


c0316460_16522765.jpg
ハンドルを乗せて、ROXのクランプを仮止めして位置調整。
ここかなと思うところでノーマルライザーのクランプネジ(フロント)を締めます。
ハンドルがタイヤに対して垂直になるように、しっかり調整しなければなりません。
適当に付けると曲がって(傾いて)しまいます。


c0316460_16522995.jpg
こちらのネジも手前(リア)側のネジをある程度まで締めてから、
フロント側のネジを強く締めます。
クランプとライザーの前方の隙間はできるだけ狭く。
でもくっついてしまう状態だと締め付け力が足りなくなる恐れがあるので、
微調整をしながら作業を進めていきます。


取り付けた角度が自分に合っているか、何か不具合がないかは
実際に走ってみなければ分かりません。
今日は天気が良くて、気温もこの時期としてはかなり高かったので、
諏訪湖のあたりまで走ってみました。
主要道路を外れると凍結箇所があるので、退屈な道しか走れませんが、
この時期で走れるだけでもラッキーです。


c0316460_16524350.jpg
初めの取り付け位置ではまだ遠かったので、位置を直しました。
そしてまた走って具合を見て、また調整の繰り返し。
結局三度調整して、かなり手前に引いた位置になりました。

ところがエンジンを掛けようとすると、全くセルが回りません。
メーターのパネルもニュートラルランプさえつかず、
各数字が表示されない状態…。

ハンドルを手前に引いたことでケーブルが引っ張られて、
何かセンサー類が異常を感知したか、コンピューターの故障かと疑いましたが、
知らないうちにキルスイッチをONにしていただけでした。

少しだけケーブル類が引っ張られている状態ではありますが、問題はなさそうです。
もちろんハンドル操作にも悪影響はありません。


c0316460_16544697.jpg
このように相当倒した状態。
ずいぶん手前に引いた感じですが、もう少し引いてもいいくらい。
でもこれ以上はハンドル自体を交換しないと難しそうです。

僕は身長170cmですが、腕のリーチはかなりあるほうだと思います。
そう思うと多くの日本人ライダーは遠いハンドルのまま乗っていることになります。
オンロードバイクから転向した人は気にならないかもしれませんが、
オフロードバイクしか乗ってこなかった僕には、上体が鉛直姿勢で乗れない
バイクは運転しづらくて仕方ありません。

それでもこのピボッティングハンドルライザーのおかげで、
ずいぶん乗りやすくなりました。
特にスタンディングでの乗り心地はかなり良いです。
今までは「なんか乗りにくいバイクだなあ」と感じていたXCも、
これで普通に乗れる感じがします。ハンドルの位置だけで、全然違うものです。


c0316460_16523484.jpg
パッケージに貼り付けられていて、気づかずに危うく捨てるところだった
英語の解説書とステッカー。
圧力が掛かってステッカーの表面には文字が転写されてしまっています。
まあ綺麗な状態でも張る気にならないデザインとカラーですが…。





[PR]
by tiger800xc | 2014-02-01 18:14 | 社外パーツ

気になるパーツ その1

c0316460_13321260.jpg
ROX ピボッティング・ハンドルライザー (ROX社USAパテント商品)
http://www.odax-moto.com/odax/adv/index.html

ハンドルを垂直方向最大5センチアップするパーツ。
角度調整すれば、手前に引くことも可能に見えます。(その分高さは減る)

よくあるハンドルバーライザーが単に2センチアップさせるだけの
単純な「下駄」であるのに対し、高さをアップして手前にも引ける
このライザーはいいかも。

フロントフォークの延長線上からハンドル付け根が離れることにより、
操作性が落ちないかがちょっと心配。
垂直に上げるだけの場合でも、5センチはアップしすぎの気もするし…。

まあ実際にまだタイガー800XCに乗っていないので、
オリジナルのままでも問題ないなら必要のないパーツです。

値段は28mm径で13650円。
ただの下駄が8000円程度することを思えば、そんなに高くないかも。
でもハンドル自体替えてしまったほうが、安いんだけどね。









[PR]
by tiger800xc | 2013-12-18 13:47 | 社外パーツ


TIGER800XCで旅します。


by 井上勝夫

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ


あなたのいる彼方へ (SASURAI文学)

外部リンク

最新の記事

Ultimate Wande..
at 2015-12-22 16:15
最速南下 GO WEST 第十話
at 2015-11-25 15:28
九州上陸 GO WEST 第九話
at 2015-11-10 13:13
ThruNite TN12 ..
at 2015-11-06 13:34
メイキングビデオ
at 2015-10-20 23:15

カテゴリ

全体
野宿旅
車体
メンテナンス
純正パーツ
社外パーツ
タイヤ
ツーリング用品
旅道具
撮影機材
小説
動画
GO WEST
PARADISE AMAMI
お知らせ
フォトギャラリー
雑記
納車まで
旅人物語

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

お気に入りブログ

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
アウトドア

画像一覧