タグ:感想 ( 2 ) タグの人気記事

読者レビュー「あなたのいる彼方へ」


c0316460_11452875.jpg  



  私は読書家というほど本を読む訳ではないが、毎日興味のある
  何かの本を寝る前に少し読んでいる。そんな程度。
 
  ちょくちょく見に行っている旅人、井上勝夫氏のHP、
  「SASURAIらいふ」上で、氏の傷んだ新品本が半値で
  売られており、しかもサイン付きというので早速注文して
  みた。(書店やアマゾンなどネット上でも購入出来ます)  
 
 
     井上氏の旅人っぷり、その実行力は今迄当然感心していたし、
     また羨ましいと思っていたが、この小説に対しては実は大きな期待をしていなかった。
     素人に毛が生えた程度の小説なのかな?と。(失礼しました) 
     それに恋愛小説をこの年で読むなんてねぇーと。
     しかし、1ページ目を読み始めてすぐに本に引き込まれていく自分に気付いた。
     この小説はタダモノではないという事にも。
 
 ・日本の様々な風景が詳細克明美しく紹介されている
   (約半分は北海道が舞台)
 ・旅人の心が丁寧に文章化され、キャンプツーリングをした人にとって
  沢山の共感がある
 ・小説として構成内容が素晴らしいし、旅を続けた著者にしか書けない
  内容である
 ・生きる事’について深く考えさせられ、読み終わった後に何か吹っ切れた
 
     この小説のラスト、ジーンと来て涙がホロリと出た。
     本を読んで泣く事は殆ど無いのだが、、それは小さいながらも
     旅をした事がある私の心を強く掴んだからに他ならない。
 
c0316460_11451623.gif
 
「北海道をロードスターで旅する」のazさんが、小説のご感想を記事にされていました。
(サイトは北海道の美しい写真、素敵なキャンプシーンが見られますよ)
 
以前ご紹介させていただいた橘内さんもご感想に書かれていましたが、
「何か吹っ切れる気持ち」がこの小説を読むと湧くみたいです。
特に旅と人生に関して悩んでいるような方には、その傾向(効果)があるようです。
 
旅をする、というのは、人生で好きなことをして生きていくということです。
好きなことをして生きるのは、人間ならば誰もが望むことであり、誰もができないことだと思います。
好きなように生きたい気持ちはありながら、なぜか多くの人はそのようには生きられない。
いや、自ら望んで、そう生きようとしない。
 
自由に生きるためには、捨てなければならないものがあります。
得ることで自由を獲得しようとすれば、それは永遠に不可能なことになる。
現代の物質に恵まれた社会の中で、僕たちは逆に、ますます不自由になっていると思います。
 
 

[PR]
by tiger800xc | 2014-04-18 11:47 | 小説 | Comments(0)

旅の理由

はじめまして。旅ライダーの橘内(きつない)と申します。
「あなたのいる彼方へ」、読ませていただきました。

私は来年から日本一周の旅に出ます。その計画の参考になればなと思い、
この物語を手にとって読みはじめました。
 
旅に出ることを決断したのが先週で、まだ心の中は半分、
これは現実逃避なんじゃないかと思っていました。
日本一周を、今いる環境から逃げ出す理由にしてるんじゃないかって?
でも、この物語を読んで自分の中の霧がパッと晴れたような、
そんな気持ちになりました。

旅先での自分と日常での自分、旅をすればするほどそのギャップが大きくなり、
いつしか日常では心から大声で笑わなくなりました。
旅から帰ってきた自分が、周りと同色 に染まっていくような苦しみ、悲しみ。
はじめはそれが何だか分かりませんでしたが、この物語の中に答えを
見つけられたような気がします。

すでに手元に1冊ありますが、2冊目はいつか誕生する自分の子供たちのために
とっておくつもりです。

いつかどこかの道の上で、ばったりお会いできたらうれしいですね。

 
イメージ 1
 
c0316460_14440219.jpg
 
橘内さんは一冊目は書店で購入し、二冊目を僕から直接買ってくれました。
複数冊買っていただける方が、こんな感じでちょくちょくいます。
おいらも久保田早紀のレコードやCDは何枚も同じのを持ってるもんなあ~笑
 
 
就職をせず、あるいは仕事をやめて長期の旅に出る人間が、
僕が日本一周した時代の北海道や沖縄には大勢いました。
 
「日本一周」という言葉には、当時は今以上の魔力があって、
大勢の老若男女がオートバイや自転車や自分の背中に荷物を積み、
自分の知らない風景を求め、放浪するようにこの日本を旅していたのです。
 
旅先で出会う一般の人でさえ、日本一周をしている者には羨望と尊敬の
眼差しを向け、いつかは自分もそんな旅をしてみたいと語ってきたものでした。
 
そういう長旅は、僕にとっては現実そのものであり、逆に嫌々ながらの日常を
だらだらと踏ん切りもつけずに続けることこそのほうが「現実逃避」だと
感じていました。
人生は一度きり、いつ死ぬか誰にも分からない期限付きのものなのに、
どうして好きなことをせずにいられるのか?
 
安定した将来という「架空の約束」を、僕は二度捨ててきました。
確かに長旅のできる人生なんて、安定したものではないし、
金銭的裕福さとも無縁に思えるものです。
でも不思議と人生は自分の思い描いたようになっていく、
いや、思い描いたようにしかならないものなのですね。
一度も自分の選んだ人生を後悔したことはありません。
 
 
『あなたのいる彼方へ』には旅人の生き様が描かれています。
何万円何十万円もする旅道具を買い揃えたって、一つ踏ん切りをつけなければ
旅には出られない。
旅は旅行やツーリングとは違います。それは人生そのものの輝ける時間です。
高価だったり安心できたり自慢のできる「物」が旅をさせてくれるんじゃない、
自分の心が素晴らしい旅=人生を創り上げていくのです。
 
 
 
 
  
 



 

[PR]
by tiger800xc | 2014-01-14 14:46 | 小説 | Comments(0)


TIGER800XCで旅します。


by 井上勝夫

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライフログ


あなたのいる彼方へ (SASURAI文学)

外部リンク

最新の記事

Ultimate Wande..
at 2015-12-22 16:15
最速南下 GO WEST 第十話
at 2015-11-25 15:28
九州上陸 GO WEST 第九話
at 2015-11-10 13:13
ThruNite TN12 ..
at 2015-11-06 13:34
メイキングビデオ
at 2015-10-20 23:15

カテゴリ

全体
野宿旅
車体
メンテナンス
純正パーツ
社外パーツ
タイヤ
ツーリング用品
旅道具
撮影機材
小説
動画
GO WEST
PARADISE AMAMI
お知らせ
フォトギャラリー
雑記
納車まで
旅人物語

最新のコメント

ブログ拝見いたしました。..
by Taro at 01:56
通りがかりさん>サンプガ..
by tiger800xc at 16:20
サンプガードはひどいけれ..
by 通りがかり at 22:03
みつさん、お久しぶりです..
by tiger800xc at 09:50
お久しぶりです。 今年..
by みつ at 12:37

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

お気に入りブログ

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
アウトドア

画像一覧